SPIRIT SWING!!

アイマス・マジアカ・野球・B'zの話題が中心の、なんだかわからない堂。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【LIVE-GYM】グローリーデイズ・MC【Pleasure2008】

あれからだいぶ思い出してメモしてたんだけど、こっちに書き出してみる。やっぱり記憶なのでツッコミはなしの方向でwww

■最初のMC
稲葉「元気でしたか?っていうか大丈夫~?生きてるか~!?」
会場「生きてる~!」
稲葉「B'zの20周年を祝福するように、雨が…(笑)その一番後ろのソコまでみんなに声が届くように一生懸命演奏するので、皆さんもいっぱい声出して、クタクタになるまで、立てなくなるまで、ぶっ倒れるまで楽しんでいってください!」

■恋心
「松本に相談しようか」のところでスクリーンには、ハートに囲まれた松本さんが。それを見つめる稲葉さんwでも、止めとくんだよねwww

■MC(SOUND JOKER)
稲葉「(デビュー時の腰回転を受けて)問題です。今の映像の中で、私は何回腰を振っていたでしょうか?---答えは、すごくたくさん、です。」
松本「後ろに手組んでたのよかったんじゃない?」
稲葉「やれって言われたんでしたっけ?」
松本「言ってない言ってない。」
稲葉「自分で当時はこれがせくすぃ…せくすぃ~だと思ってたんですよ。」

稲葉「ところで松本さん、このSOUND JOKERの説明をお願いします。」
松本「これは昔あったスタジオの名前で、初めて彼(稲葉)とセッションしたスタジオなんです。(どうこうのスタジオだとも言ってたけど覚えていない)」
稲葉「呼ばれていって、とりあえず合わせてみようってことになって知ってる曲を合わせたんですね。で、何曲かやってたらアンプが壊れてしまってそれで終了となったんですよね。」
松本「それが、伝説の始まりなんだよ!!」

(会場大歓声)

松本「あれが伝説の始まりだったんだよ。アンプが壊れて伝説が始まる、ってカッコよくない!?」と会場にも。当然わき上がる。
稲葉「(笑)はい、それで、今日はそのセッションの時に歌ったビートルズの曲『Oh!Darling』を歌いたいと思います。聴いてください。」

(曲終了後、青いギター登場)

稲葉「松本さん、そのギターは?」
松本「これは当時、ヤマハさんに作ってもらったギターです。」
稲葉「僕、それが燃えてるの見ましたけど。投げてませんでした?」
松本「当時調子に乗ってたんでしょうね。天狗です。天狗になってた時期がありました。」
稲葉「(笑)」
松本「ライブ3日のうち2日で2本壊してしまって、これが残っている最後の1本なんです。」
稲葉「大事にしないと。」
松本「大事に大事にします(ギターにキスしたあと、すごい頬擦りw)」

稲葉「デビューして、アルバム2枚出すまではライブをしないって決めてたんですけど、営業はしてましたね。」
松本「当時、僕がギターセミナーをやってまして、全国を回りながらギターの弾き方を教えていたんですよ。コードがこう、とか。で、一通りやったら待合室で待ってる稲葉を呼ぶんです。『稲葉、カモーン』ってw」
稲葉「僕はその待合室でこう、じっと待ってて、呼ばれて飛び出て…呼ばれて飛び出てって、アレですけどw出て行くんですね。」
松本「当時はカラオケで演奏していたんですよ。で、盛り上がってくると床が揺れるじゃないですか。そうするとCDなので音が飛んじゃうんですよねwそんな中で演奏してました。」
稲葉「カラオケ、カラオケ、カラオケお世話になりました。」
稲葉「…って、みんな雨大丈夫ですか?こんな話してても平気かな?雨降ってるのにお前らの話なんて聞いてられねーって人いませんかー?」
会場「大丈夫~!!www」
稲葉「大丈夫ですか、じゃあ続きを話しますw」

稲葉「昔はカラオケ演奏なんてロックじゃねぇ!とか言われましたけどね。カラオケでも出来るんだぞ!と。」
松本「うんうん。(うなずく)」
稲葉「それではここで当時やってたのと同じ、カラオケスタイルでデビューシングル『だからその手を離して』を聴いてもらいたいと思います。…あっ、カラオケの準備よろしくお願いしまーすw」

(だからその手を離して演奏。2人、常にカメラ目線、そしてなんか80年代!って感じの古臭い動きのダンス&ポーズでノリノリw最後はカメラに向かって指差し!キラッ☆みたいなもんだ。なぜか中央を奪い合うように背中で小突く2人w)

稲葉「どうでしたでしょうか。久々にこうやって2人で演奏するっていうのもいいもんですね。」
松本「嬉いですね。」
稲葉「では次はこの20周年を振り返ってみて作った新曲です、『いつかまたここで』聴いてください。」

(いつかまたここで演奏)

稲葉「そんなわけで、久々に2人で昔を振り返ったりしたコーナーでした。ありがとうございました。Pleasureはまだまだ続きます。」

(会場拍手。セットの扉から出ていく2人。稲葉さんが何度もこちらを振り向きなかなか出ていかないwやっと出たと思ったら戻ってくるというフェイントまでするw)

※過去のライブでも多分一番長いトークだったと思う。30分ぐらいはやってたかしら?TVでは見ることのできない松本さんと稲葉さんの素の部分が沢山見れました。実は2人トークが結構おもしろいんですよ。

■Brotherhood演奏前
稲葉「20年前の今日、バンドが始まってからいろんなキズナが生まれました。沢山の人に出会って、沢山のことを教えてもらいました。台風が来てもカンカン照りでもぶっ壊れることがない、ぶっといキズナです!そんな歌を歌います。聴いてください。」

■RUN演奏前
稲葉「ずっと今まで走り続けることでいろんな景色を見させてもらいました。そのどれもが感動的で、愛しくて、かけがえのないものです。早くたって、ゆっくりだって、走り続ければたどり着ける場所があるんだということを教えてくれたのはみんななんだよ―――!!」
稲葉「今見てる景色最高です!しっかり胸に焼き付けて、また笑顔で会える日までゆっくり走り続けましょうよ、ね!必ずだぞ!絶対だぞ!約束だぞ!!」
稲葉「今までみんなが僕たちにくれた全てのものに心から感謝します。どうもありがと―――う!!」

(途中、RUNの前奏が流れ始める。このMCと絶妙のタイミングで始まった前奏でファン涙、涙)

■ライブ終了後

(アリーナを1周した後、抱き合って背中をたたき合う2人)

稲葉「またいっぱい勉強して、いっぱい練習して、ここに帰ってきます!また会いましょう!本当にありがとうございました!!バイバーイ!!」

(2人、深々と2人独特のおじぎ。いつも以上に長かった)





と、こんな感じでした…かね?
次回ライブ報告最終章!(まだ続くのかよ!www)
  1. 2008/09/26(金) 01:23:08|
  2. B'z関連
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。