SPIRIT SWING!!

アイマス・マジアカ・野球・B'zの話題が中心の、なんだかわからない堂。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【フィギュア】高橋おめでとう!【スケート】

男子フィギュアスケート、高橋大輔選手銅メダルおめでとうございます!!
はー、これだけは声を大にして言っておきたかったw

いやぁ、昨日の宣言通り、どこにも行かず、ひきこもり状態でテレビにかじりついてました。気になって気になって仕方なかったですもの。でも、かじりついててよかったと心から思いますよ本当に。織田信成選手も7位、小塚崇彦選手も8位と過去にない男子フィギュア陣の健闘ではないでしょうか。

最初の4回転こそ失敗してしまいましたが、その後は見事に立て直して、世界一のステップといわれる彼の技をいかんなく発揮したのではないでしょうか。文変だね(苦笑)まだ興奮してるんだよ!w

織田選手は靴ひもが切れるというアクシデントもありましたがよく気持ちを切らずに最後まで演技したと思います。元々切れてしまっていたらしいですが、感覚を大事にしたかったという彼の言葉はなんとなく理解できます。自分の使っている道具が体の一部に思えてくるという感覚ですね。あれは確かに大事にしたいですもの。試合後のインタビューで泣いていましたが、その悔しさを次の五輪で笑顔に変えて欲しいです。きっと先祖も見守ってくれるぜよ。

そして小塚選手。試合で決めたことのなかった4回転ジャンプを五輪の本番で決めてしまったことに驚き。本番強いタイプなのかね。その後のジャンプで1回失敗してしまったけど、堂々としたいい演技だったと思います。こちらもまだ20歳、先が楽しみです。

優勝はアメリカのライサチェック選手。プルシェンコ選手は2位。4回転を飛ばず、無難にまとめたほうが優勝したわけだが、パフォーマンスとして盛り上がったのはプルシェンコ選手だった気もする。
もちろん採点という意味ではライサチェック選手の方がよいと私も思う。プルシェンコ選手は雑な感じアリアリだったので。でも、観客が求めるものはプルシェンコ選手や高橋選手のような「パフォーマンス」なんだろうと思った。
よく『試合に勝って勝負に負ける(その逆もあり)』とか言うことがあるけれど、まさにそんな感じです。

全然関係ないけどここ最近のK-1で王者のセーム・シュルト選手が最強と言われながらも人気面ではピーター・アーツやアーネスト・ホースト選手に敵わないのに似ていると感じた、そんな土曜の深夜。
  1. 2010/02/20(土) 01:14:19|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。