SPIRIT SWING!!

アイマス・マジアカ・野球・B'zの話題が中心の、なんだかわからない堂。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【B'z LIVE-GYM 2010】セットリスト&MC【"Ain't no Magic"】

ライブという名の『MAGIC』からまだ抜け出せていない感が否めない悠斗さんですw
3月7日、B'zのライブに行ってまいりました。1年半ぶりのライブは久しぶりの東京ドームです。天気は…雨。ホントニモウネー(by板東)雨率高いよ!グルグルじゃないけど『人気ロックバンドのライブは必ず途中で雨が降る!』みたくなってるもんね!wwwまぁドームだから関係ないけど。

とりま、長くなるのでここでは当日のセットリストと覚えてる限りのMCの内容を羅列していきます。MCはうろ覚えなので「あぁ、こんなんだったね」と適当に流しましょう。雨だけに。


2010年3月7日(日) 東京ドーム
収容観客数:約4万5000人

<サポートメンバー>
キーボード:増田隆宣
ドラムス:Shane Gaalaas
ベース:Barry Sparks

■リスト
00.opening movie⇒TAKソロ
01.introduction~DIVE
02.Time Flies
-B'zのLIVE-GYMにようこそ!!-
03.MY LONELY TOWN
04.今夜月の見える丘に
05.PRAY
-MC1-
06.TIME
07.TINY DROPS
08.OCEAN~増田オルガンソロ
09.LOVE PHANTOM
-MC2-
10.MAGIC
サブステージの位置にセンターステージごと移動!
11.Mayday!
12.love me,I love you
13.ultra soul
サブステージから再びセンターへ
-MC3-
14.LOVE IS DEAD
15.IT'S SHOWTIME!!
16.Freedom Train
17.だれにも言えねぇ
18.MOVE
19.愛のバクダン
20.long time no see(途中コール&MC)

―アンコール―
21.愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない
-MC4-
22.イチブトゼンブ~Ballad ver~1番のみ
23.イチブトゼンブ

エンディングSE
ひとりじゃないから-Theme of LIVE-GYM-

■MC
○いつものやつ
稲「B'zの~、B'zの~…」
松「B'zの~」
稲「Σ( 一□一)」
松「(何食わぬ顔)」
稲「(気を取り直して)B'zの~、B'zの~…」
松「B'zの~」
稲「( °Д°)…」
松「(やっぱり何食わぬ顔)」
稲「B'zの~、B'zの~…」
松「……」
稲「…?(続けていいの?)」
松「(どうぞどうぞ)」
稲「(二人で…言う?)」
松稲「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」

○MC1
稲「みなさんこんばんはー!戻ってきました東京!(拍手)青森からLIVE-GYMをスタートして、東京まで戻ってきたんですけど、最初のころは雪とか降ってて、今日も雨でしょ。もう雪降っちゃってもいいんじゃないかなとか思ってたんですけれどね。(なんか話して)今夜は最後まで頭を空っぽにして、リラックスして、心を解放して、たっぷりぷりぷり!楽しんでください!!」

○MC2
稲「今回のアルバム『MAGIC』皆さんすでに沢山聴いてもらっているんじゃないかと思います。今回のライブは『Ain't no Magic』、種も仕掛けもありませんという意味を込めてまして…仕掛けとか沢山用意してるんですけど、僕らの歌には種も仕掛けもない、生身のものを出していく、そうすることで新しいMAGICをつくれるんじゃないかと思ってこのツアータイトルになりました。皆さん一人一人MAGICを持っていると思います。そのMAGICを今日はどんどん僕たちにぶつけていってください。そのかわり僕たちのMAGICも受け取っていってください!お互いぶつけあって、新しいMAGICを生み出そうじゃないですか!」

○MAGIC演奏後
稲「ちょっと後ろの方行ってみようか~!いくぞ~!」
○サブステージ位置に到着
稲「こんなところまで来ちゃいました。それじゃあもう一曲いきますか!」

○MC3
稲「あ~面白かった。足元が透明になってるのでね、凄く股間に視線を感じました。凄く気持ちよかったです。」と股間を指す。
稲「ここでメンバーを紹介します。キーボード、増田隆宣!」
増「みなさんこんばんはー!元気だったかい東京! 最高だね東京!
今までいろんなところをツアーで回ってきたけど、やっと戻ってきたぜ東京!本当にね、ありがとうございました。これからもお二人をよろしく。」
稲「なんか保護者みたくなってる(笑)」

稲「ベース、バリー・スパークス!」
バ「(日本語で)コンバンハー!トウキョウダイスキデース!サンシャインカラノナガメハサイコウデス!」
稲「バリーさんはね、東京の道歩きまわってるから観光名所とか詳しいんです。東京に住んでるボクらより詳しいかも!?」

稲「ドラムス、シェーン・ガラース!」
シ「コンバンハー!イマスゴクシアワセデス!」

稲「そして、ギターTAKさん!」
松「こんばんはー。えー、サンシャインの眺めもいいですけど、ここからの眺めはもっと最高です!」
稲「…あれ、それだけですか?」
松「東京大好き、東京最高!」
稲「それじゃあギター弾いてください(つめたい)」


○だれにも言えねぇ
途中で井戸が出現。
稲「だ、れ、に、も、言、え、ね、ぇ、井、戸。(井戸を覗く。井戸内カメラに覗く稲葉の姿。指でチョンとすると水面に波が。)」
稲「まっちゃん、ちょっとちょっと!(手招き、二人して覗く。まっちゃん投げキッス。何かない?と松本に聞く稲葉)」
松「あのね、みんな見たと思うんだけど、『Freedom Train』の時に坂があったでしょ?あの坂がキツイの!ほんとうに。」
稲「この井戸やってるときなんですけど、体勢が凄く辛いんです(カメラが後ろ姿を捕らえる。なんかへっぴりチックなカッコ悪い稲葉の姿。客席爆笑)」
稲「しかも井戸の淵に胸が当たって痛いんですよね。スタッフさんが高めに設定してくれたみたいで。」
稲「今回のライブずっとこの井戸やってきたんですけれど、だんだんこの井戸に愛着がわいてきちゃって。このセット家に持って帰りたいんですけどいいですかね?」

○long time no see途中
稲「LIVE-GYMの中にはいろんなチャンスが転がってます!周りの人たちと仲良くなるチャンス、大好きな曲をじっと目を閉じて聴くチャンス、そして今、大声で叫ぶチャンス!!このチャンスをものにできるかー!?できるかー!?(観客のイェーイ!と稲葉さんとのシャウト、juiceでやるコールの掛け合いが何度か続く)」
稲「普段の生活にもいっぱいチャンスが転がってます。そのチャンスをつかんで、幸せに生きてください!」

○MC4
稲「どうもありがとう。気分はどうですかー!?皆さんから強い声援、笑顔、受け取って、魔法にかけられたような素敵な夜になりました。どうもありがとうー!」

○ライブ終了
稲「どうもありがとー!今回このすごいセットを作ってくれたスタッフに拍手!そして今回のツアーに参加したすべてのファンに拍手!会場に来られなかったファンに対して拍手!また、今までぼくたちの歌を聴いてくれたすべての人達に拍手!また会いましょーう!せーの、おつかれー!!さようならーー!!」

個人的な感想はまた今度。疲れた!w
  1. 2010/03/09(火) 03:44:16|
  2. B'z関連
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。